テレビ芸能

「22年目の告白 ~私が殺人犯です~」の感想

投稿日:2018年6月11日 更新日:

わたしたちは法という水の中で泳いでいる魚

 

私がこの映画を観て最初に感じたのは、曾根崎雅人という人物を通して、自分が普段感じないままに過ごしてしまっている空間とは異質の空間が感じられ、それがとてつもなく気持ち悪かったことでした。

しかし同時にそれは、自分たちが慣れ親しんだ社会を故意にぶっこわしたかった意図を持った映画なのではないかと察しました。

 

わたしは、前述したように、映画に入っていく毎に途中吐き気をおぼえるほどの違和感をおぼえました。1995年に起きた5件の連続絞殺事件の犯人とされる曾根崎雅人があらわれそしてメディアに取り上げられる。現実社会ではありそうもない出来事が起きている事、しかしそれは実際に起こりうる事でもあるというところが妙にリアリティを感じさせてしまっていて、つい物語の中に入り込んでいました。

 

私が真っ先に考えたことは、メディアに登場した曾根崎雅人を目の当たりにした被害者家族はいったいどんな心境だったのだろうかという事でした。それを映画ではありありと表現していたように思うが、法を犯したものが法に守られる異常事態に被害者遺族に共感してしまった私はそれを許容できるほどの知識はなく、ものすごく気分を悪くしました。

 

社会の外にいる住人

 

それと、曾根崎雅人に感じた事はまさに社会という法の中にいるわたしたちとは違う、その外の世界にいる住人であるということにあると思いました。

この映画の登場人物でキーとなる人物は皆一様に、社会からはみ出した、社会の外にいる人間だった。牧村航の妹の牧村里香は阪神大震災でPTSDを患い社会生活を営むことが困難になってしまっていたし、彼女を慕う小野寺拓巳もビルから飛び降り、一命を取り留めるも整形をほどこし別人へと生まれ変わる。ここでは小野寺拓巳は一度死んでしまっている。

 

劇中で本人も言っていたとおり、小野寺拓巳という人間は確かに死んでしまって、新たに生まれた曾根崎雅人と言う人物は言わばこの世の人ではなく、亡霊のように社会の外側にいる人間になってしまったのだ。そう思いました。

 

仙堂俊雄も、テレビキャスターを務めるも、20年前に戦地で友を目の前で絞殺された後遺症からか、その姿は五件の連続殺人犯の犯人であり、自分がされた様に、親しい者の目の前でその身内を絞殺し、それをビデオに記録しているという精神異常者である。彼もまた、社会では生きられない人間であり他の二人と同じように幽霊のようにこの社会をさまよっているように感じられました。

結末では、ハッピーエンドのように終わったかに見えたが、曾根崎雅人のままの小野寺拓巳はやはり、この社会では生きていくことは出来ないらしく、どこかは旅だって行ってしまった。

 

どちらが本来の人間の生き方なのかを問われる

 

しかし、それはこの社会で普段生きている私達へのアンチテーゼとして強く訴えられ、そして気付かされた。そんな気がしました。

それはどちらが良いとも言えないのではないだろうか。社会に順応していく私達が良いのか、順応を退ける、例えば精神障害を持つ人たちの方がそもそも正常なのか。順応していった先にはこの映画を視る前のわたしのように、今の社会に染まってしまい、流れに流されるままの操り人形のようになってしまっているのではないだろうか。

 

ここまで書いていることは結構重たい感じですが、わたしにはそんなテーマをこの映画に感じてしまいました。





-テレビ芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

映画 是枝監督作品『そして父になる』を観た感想

  あらすじ良多(福山雅治)の6歳になる息子が病院で取り違えた子どもであることを突然告げられる。これまで順風満帆でやってきた良多であったが、この事実に困惑し、紆余曲折経ながらも、家族とは、血 …

毒舌キャラで人気を獲得するには(後編)

毒舌キャラに必要な3つのこと それでは、毒舌キャラとして成功するために必要な事を3点用意しましたので、それぞれについて説明していきたいと思います。 1つ目は、事前に断りを入れておく事です。普段からでき …

日テレ番組「世界の果てまでイッテQ」やらせ問題に関して

  先日、海外でのロケで現地で行われていない祭りをでっち上げたとの疑惑が報道されたことに関して、日テレの社長が謝罪というか釈明というか、とにかく会見を開きましたね。   この番組、 …

芸能人は貯金をした方が売れる法則

最近また、昭和の芸人さんが亡くなってしまった。 誰とは言わないが、落語家桂歌丸さんだ。 わたしは別に笑点も見ないし、落語も取り立てて聞く方ではありません。 ためしてガッテンに出ている、立川志の輔さんの …

NHK佐賀局長女子風呂乱入のニュースを見て

  2018年、NHKの不祥事が止まらないみたいな感じで今、NHKが熱くなってます。 大河ドラマで調子がいいだけに、このニュースは大きなダメージでしょうね。   今日は、このニュー …