テレビ芸能

TBS番組「消えた天才」で宇佐美貴史の回を見て感想

投稿日:

 

 

11月4日のTBSの「消えた天才」という番組でドイツのデュッセルドルフでプレーしている宇佐美貴史が出演していて、何気にみていたんですが、ちょっと思った事があったんで、その感想を書いてみたいと思います。

 

さらっと観るつもりが真剣に観ちゃいました

 

昔、宇佐美の中学時代に同世代のユースの中で天才がいたということらしいんです。

 

将来を嘱望された選手であったが、何故かサッカー界から忽然と姿を消してしまったそうだ。

 

VTRで、昔のプレーを見たんだけど、南米の選手のようなトリッキーなプレーをしていた。

 

そして、気になったのが、宇佐美自身が彼に(正確には昔の彼に)対してものすごくリスペクトを感じたところだった。

 

そこが、どんな人間なんだ?という好奇心をかき立てられてつい見てしまいました。

 

「消えた天才」と言う番組の名前のとおり、設定自体から結論としては、昔あんなんでしたけど、今は違うよっていう、人生の下降線を見るようで、あまり好きな番組ではありませんでした。

 

で結論、またやられたわって感じで観てしまいました。

 

多分、その人の人生の変遷に対する、期待があったのでしょうね。

 

あの年齢であんだけの天才なのだから、将来はもっとすごいことになってんじゃね?みたいな。

 

でも、そんな期待はこの番組於いて、ことごとく裏切られるそんなパターンになっている。

 

何で天才なのにその道から外れるのか?

 

今回は、その天才がどういう経緯を辿ってサッカー界から姿を消したのか?

 

ざっと言うと、周りとの軋轢のためにサッカーに対しての楽しさが無くなってしまった。でしょうか。

 

中学2年で、高校の連中のチームに飛び級入りしたらしく、年上の高校生とうまく付き合う事が出来なかったのでしょう。

 

なんか、これって、そりゃそうでしょって思いますよね。

 

個人プレーが過ぎてチームプレーが出来てないって、監督にもキレられてちゃー、本人やる気なくなるわと思いました。

 

だいたい、中学の時の高校生ってめっちゃ怖いじゃないですか。

 

そんなのを、おもいっきし縦社会のスポーツ界でやったら、そりゃ年下としてはきついと思いますよ。

 

それでなくても、日本の学校の制度って中高一貫校を除けば、公立の学校ってだいたい同世代としかつるまないじゃないですか。

 

友達と言えば、同級生みたいな。

学生が、年上との付き合い方なんていちいちやる機会なんて、与えられてません。

したがって、普通年上とは上手く付き合えませんから

 

大学とかに入ってから、一浪や二浪もいて同級生だけどこの人だぶん年上だよなって感じだけど、なんとなくこちら側に下りてきてくれる年上って、なかなかいないですよ。

 

その年上の同級生にもたぶん、引け目みたいなんがあると思うんですけど。

 

年上と年下の関係は、いわば兄弟間のプライドみたいなもの

 

この場合、立場は逆で、沢山の高校生の中に年下の中学生が入った訳で、完全にアウェー状態です。

さらに高校生には中学生に対するプライドがあるわけで、これを絶対潰しにかかるんだろうと思います。

 

まあなんとも、悲しい現実ですが、天才の彼はこんなしょーもない理由で夢を経たれたんではないかと思います。

 

たぶん、大人もそこんところをちゃんとフォローしきれてなかった。んで、グレてしまってた。でしょうか。

 

これは、完全に大人が悪いですね。何をやってたんでしょうね。

 

若い才能の目を摘む行為って、たぶんもっともっとあると思うんです。

 

それは、きっと身近な人間に多いのかも知れません。

 

スポーツっていったい何のためにやってんのでしょう?

 

わたしはスポーツは嫌いではありませんけど、正直スポーツをする人はあまり好きではありません。

 

何故かというと、体だけ強く大きくてそれだけでなんだか威圧感があってすこし横柄に見えるからです。(横柄に見えるのではなくて横柄なのかもしれませんが。)

 

しかも、なんか頭悪そうなのに威張ってんのがイラっときます。

 

だから、この天才の彼の状況が推してしかるべきとは思うんですが、相手は子どもなので仕方がないとしても、やっぱり大人がダメなんでしょうね。

 

そしてその周りの大人が、若い頃にスポーツしかしてこなかった脳みそが筋肉で出来てるやつだったりするんでしょうか。

 

パワハラ問題とか暴力問題とかスポーツ界には今年いろいろな問題が噴出してましたけども、業界のモラルにまかせているかぎり、こういった将来を嘱望された天才と呼ばれる人達がどこかで嫉妬に会い、いじめられているなんてことは無くならないんでしょう。

 

これを番組では、美談として取り上げるんではなく、教訓としてまた問題提起として取り上げて欲しいなと思いました。





-テレビ芸能

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」小児神経科医・友田明美さんの回を観て

  先日あったプロフェッショナルをいつも録画しておいて、あとで時間があるときにみるんですが、子育て世代にはとても参考になる放送だったので、紹介がてら感想を書きたいとおもいます。   …

日本VSウルグアイ戦勝利で危惧していること

  10月16日キリンカップサッカーで日本代表とウルグアイ代表の対戦がありました。 森保ジャパンになってからの、 FIFAランキング5位という強豪との戦いに注目があつまりましたが、結果は4: …

映画 是枝監督作品『そして父になる』を観た感想

  あらすじ良多(福山雅治)の6歳になる息子が病院で取り違えた子どもであることを突然告げられる。これまで順風満帆でやってきた良多であったが、この事実に困惑し、紆余曲折経ながらも、家族とは、血 …

つまらないテレビ番組が面白く見えてしまうカラクリ

  最近のバラエティ番組を観ていて、特にお笑い芸人が出ていない番組はないなと思う今日この頃ですが、テレビの装飾がホントに度を過ぎてるなと、思って観ています。 ぼんやりと何も考えずに観ていると …

「22年目の告白 ~私が殺人犯です~」の感想

わたしたちは法という水の中で泳いでいる魚   私がこの映画を観て最初に感じたのは、曾根崎雅人という人物を通して、自分が普段感じないままに過ごしてしまっている空間とは異質の空間が感じられ、それ …