社会

女性が土俵に上がってはいけない理由~調べてみました①

投稿日:2018年6月4日 更新日:

先日、地方で行われた相撲巡業で挨拶をしていた市長が、突然土俵上で倒れられて会場にいた女性看護師が土俵に上がって手当てをした件で、相撲関係者側からの女性は土俵から降りて下さいとのアナウンスに関して物議を醸した一件がありました。

人の生命がかかった非常時においてのこのようなアナウンスに対しての批判がたくさんあったと思われますが、その批判の中には相撲協会側の事情などは関係なく、何故土俵に女性があがってはいけないのかという理由が置き去りにされたままの感情的な批判となりました。

わたしは、ワイドショーの情報を鵜呑みにして、放送された事をそのまま信じ込む事の危うさを感じてなりません。

特にテレビはセンセーショナルな話題をわざと選択し、これが世論だと言わんばかりに批判を繰り返していますが、諸問題に関しての問題提起と言う部分に於いてはそこまで掘り下げず、良い悪いの二項対立で庶民の思考能力を奪い去っています。

これでは、何故女性が土俵に上がってはいけないと、相撲関係者がアナウンスしたのかについての疑問が結果的に覆い隠されてしまいます。

女性の社会進出やハラスメントなど、性に関わる問題が顕在化してきている世の中で、女人禁制みたいな時代錯誤的な発言やトラブルに関して、メディアがあまりにも不感症のように感じてしまいます。

相撲協会を批判する前に、どうして彼らがそのことにこだわるのか、そこの検証をおざなりにして論点のずれた議論を展開するメディアにわたしは警鐘とまでもいかないでも、注意したいと思っております。

そしてわたしは、そういった議論をせずにおくことの短絡化を懸念しております。ここで何故女性は土俵に上がってはいけないのかについて考察を重ねることがまずは必要でしょう。

女人禁制について

まずは、女人禁制について考えていきたいと思います。

元来、神社の境内も生理や妊娠中の女性が立ち入る事は許されていませんでした。

また、日本では山岳信仰があるように、山は神聖なものとして考えられてきました。富士山も江戸時代までは女性は二合目までしか登ることを許されていませんでした。

このように、神聖な場所や催しのある場合に女性が立ち入る事が許されないということが日本ではよくあります。
では、何故神聖な場所や催しに女性が参加してはいけないのでしょう。

その理由はいくつかあります。
申し訳ありません、文章が思った以上に長くなったため、2回に分けさしてもらいました。
あしからず(´・ω・`)





-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

選挙について~雑感です~

B層という言葉をご存じでしょうか。 選挙の時などに、国民を分類するとA層からD層まであるそうです。 それらは、国民の種類を大まかに4つに分けて選挙戦略に使うそうなのですが、今もっとも票が取りやすいのが …

偉い人はどうして無責任なのか(後編)

誰もが偉くなりたい すべての人が当てはまる訳ではないが、人生を送る中で少なからず出世はしたいものである。 しかし、元来出世と言えば将来を嘱望されたエリートにこそ使われるべき言葉で、凡人にはほど遠いよそ …

なんで勉強しなきゃならないのか①

勉学に励むことの経済合理性 学生の時分に勉学に励む事に対して、懐疑的であったりする事が時間と労力の無駄であるのに気付き、文字通り学生の時分に勉強に励む必要性を誰にも言われずに理解している人は、将来経済 …

自分の事だけしか考えない人の対処法を考えてみた

モラルの無い人がよく目につくのは何故か   自分を差し置いていうのもなんですが、最近、どうもモラルの無い人が多くなったと感じる事があって、今住んでるマンションなんかでも、駐車場の扱いとかひと …

女性が土俵に上がってはいけない理由~調べてみました②

禁欲生活の中で 仏教の修行僧には元来女人禁制がありますが、特に仏教の修行で煩悩を消し去るという意味でも禁欲とは大事なことでした。 修行の妨げになるあらゆる行いやものを禁じるなかで、女性が近づく事をよし …