社会

都市伝説を信じていいのか

投稿日:2018年6月8日 更新日:

不思議な事や怖い話は文化的な多様性や世界の広がりや物語を生む

 

オカルトについて、以前は恐怖感を与えるようなホラー的な要素があり、いわばジェットコースターのような怖いモノ見たさの刺激が欲しくて見る人が大半であったように思います。

夏のテレビの特番では怪談シリーズ物が定番のようにして放送されており、心霊写真や恐怖映像、怪談話等々、夏の納涼方法として広く使われてきました。また、夏になるとどこかの広場にお化け屋敷が突如現れたり、縁日で見せ物小屋をやっていたり、とかく人はそういう不思議なことや、怖いことに興味を引かれる動物である。かくゆうわたしもお化け屋敷や見せ物小屋には、つい好奇心から引き込まれてしまう不思議なことが好きな少年でした。

幽霊やお化けにしても、本気で怖がったり楽しんだりしげいました。

最近ではネットの普及やテクノロジーの進化で前述したような、例えば心霊写真というようなものは誰でもいつでも簡単に作れてしまいます。それまであった、不思議や怖さを支える前提となる部分がテクノロジーの進化によって化けの皮がはがされてしまったようになってしまい、そんな事にもいまいち説得力を失ってしまっています。

 

昭和以前は、お化けや幽霊などキツネの祟りといった、今では迷信となってしまったことが、普通に信じられてきており、日本全国で共有されてきたと言います。ですが、科学の発展とともにそれらも迷信へと変わり、そういうことを信じる人を今ではほとんど見かけなくなりました。

 

ですが、不思議な出来事や科学では理解出来ないことに出会いたいというような、ファンタジーの様なモノに対する憧れは今でも燻り続けているのか、変遷としては、迷信からオカルトへ、オカルトから都市伝説、陰謀論へと姿を変えそれらの人の欲求を満たす受け皿となっているようにわたしは思います。

 

怖いモノ不思議なモノは今も昔も商業的なツール

 

しかし、そういったオカルト的なものに対しての商業的なアプローチが最近テレビやネットで見るかぎりでは、非常に過熱・過激化しているような気がしています。商用として都市伝説を提供する側のその手口として認知バイアスやアンカリング効果やいろいろな心理的手法を使って、言わば昨今の不動産投資や保険の勧誘などと似たり寄ったりの商売の仕方をしているところが非常に目に付きます。

 

一時期、占いが流行った事があったが、それも同じような手口で相手に恐怖心を与えるような事を言ったりして判断能力を下げさせておいて信じ込ませるみたいなやり方があった。それをマスに訴えかけるテレビで普通に取り入れている事に最近歯止めがキレているのではないかと、危惧をおぼえます。

 

1999年の終末論で有名なノストラダムスなども日本に於いてそのブームが起きた時も、それに乗じてたくさんの便乗商品が出回ったと思うが、今それらにハマッテ一生懸命になっている人も一度冷静になって、都市伝説などを称した商品や番組はあくまで商業的なアプローチであって、そういう線引きのもとで楽しむにとどめておくほうがよろしいのではないだろうか。

 

かくゆうわたしも、都市伝説や陰謀論には一時期ハマってしまい結構信じてしまっていた事もありました。

でも、そんなわたしを見て妻はひとり気持ち悪がっていました。

そんなわたしが目が覚めたのが、やりすぎ都市伝説を見ていたところ、プレゼンテーターの一言でした。

彼は、人類選別で選別される為にはネットで誹謗中傷をしてはいけない。悪口と取られる書き込みをした場合訴えられると言うような趣旨のことまで言っていました。その瞬間、何いってんのこの人、人には表現の自由が保障されてるのにこんなに人類選別とか言う話を出して、まるで人を脅迫するような事を平気で言ってしまっている。楽しむ分には良いですが、真剣な顔してそんな事言われると子供はコロッと騙されて本気で信じてしまいます。

これは、とても危険だと思いました。

わたしがこう言う書き込みをするのもそんな思いからです。

こんなのオモチャやゲームと一緒なんだから、ほどほどに楽しむ程度にしましょうねと、芸能人も信じる振りをするのもそれぐらいにしときましょうと言いたいのです。





-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

女性が土俵に上がってはいけない理由~調べてみました①

ただの批判で終わってしまわないように 先日、地方で行われた相撲巡業で挨拶をしていた市長が、突然土俵上で倒れられて会場にいた女性看護師が土俵に上がって手当てをした件で、相撲関係者側からの女性は土俵から降 …

偉い人はどうして無責任なのか(前編)

理解できない人たち 最近、よくテレビや新聞を賑わせている報道で、疑惑をもたれたりしても記憶に無いだとか、知らない、やってない、関係ない等のないない尽くしで、ノラリクラリと逃げ回る要職にある人達を良くみ …

なんで勉強しなきゃならないのか~考えてみました②

ほんとに勉強が年収に繋がるのか 前回は、学生時代に勉強を熱心に励むことの経済合理性と、そうではなく経済さえ良ければそれでいいのかと言う人達への自分の理解と日本人の理解を書きました。 最後に投げかけたよ …

渋谷ハロウィンについての報道を見て感想です

  先日、ハロウィンという事で、平日にもかかわらず全国で盛り上がりを見せていたハロウィンですけど、いつからこんなに社会問題化されるほどのものになっていったのでしょうか。   テレビ …

女性が土俵に上がってはいけない理由~調べてみました②

禁欲生活の中で 仏教の修行僧には元来女人禁制がありますが、特に仏教の修行で煩悩を消し去るという意味でも禁欲とは大事なことでした。 修行の妨げになるあらゆる行いやものを禁じるなかで、女性が近づく事をよし …