社会

対人関係で人より有利になる方法

投稿日:2018年5月15日 更新日:

頑張りが報われない

会社や学校等の沢山の人に囲まれた中で生活していると、自分と他人の扱いに対して敏感になることはあるでしょう。

自分はこんなに頑張ってるのに、誰も評価してくれない。別にそんなに頑張ってる感じでもないのに、あの人は自分よりも可愛いがられているのは何故?
こう言った嫉妬心にかられながら、依怙贔屓(えこひいき)は良くない!と叫びたくなるものでしょう。
そうして、依怙贔屓なんて、自分以外の人に対してするのは絶対嫌だけど、自分にだったら大歓迎って、そんな我が儘なオーラを発しては更に他人は自分の事に関心をもってはくれないのもですね。
でもね、人の関心や依怙贔屓を簡単に自分に引き寄せる方法があります。

その方法とは、同情心を買う事です。これを別名アンダードッグ効果と言います。
アンダードッグとは、ずぶ濡れの犬のことを指します。例えば、赤ちゃんのような自分よりも弱い立場の人間を目の辺りにすることで、思わず手を差し伸べてしまいたくなる心理です。
使い方としては、自分の弱い部分を相手にさらけ出す事です。そして今までどおり一生懸命頑張ってみる事です。頑張ってるところを見せないと効果がありませ。
そうすれば、周りの人の同情心をくすぐり応援されること請け合いです。
実際に判官びいきと言って、選挙で不利な立場の候補者が同情を集め結局当選してしまうと言う事もあったそうです。

認められるにはテクニックがいる

他にも悪役レスラーに痛めつけられるベビーフェイスのレスラーを、観客のほとんどが大声を上げて応援してしまうのも、このアンダードッグ効果のもっとも分かりやすい例でしょう。

このようにして、人は弱ってる人や頑張って耐えている人に共感して応援したい気持ちになる生き物だということがあります。と言うことは、逆に威張って虚勢張っている人に対しては、嫌悪感をあらわにするのだと思います。

認めてくれない事に憤慨して、意固地になるよりは自分の弱い部分をあらわにしてみて少しは人の同情をかってみて効果を試してみてはいかがでしょうか。

よく女のナミダは武器だなんて言うことがありますが、それもこんな理屈なんではないでしょうか。逆に男のナミダは「おい、めそめそすんじゃねー」なんて、反感かいそうですけどね。

それと、政府や地方自治体が障害者に弱いのもそういう理屈かもしれませんね。

でも、電車やバスなんかで露骨に弱々しく咳をしたときなんか、わたしの周りの人間がサーッといなくなって、ドーナツ化現象が起きたのは、インフルエンザを疑ったからでしょうか。すべてが上手くいくことはなんですね。





-社会

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

お客さんに商品を買ってもらうには

何にしても、自分で物事を決めるのはそう簡単な事ではない。 決めるまでに時間が掛かるというか、決めてしまって後でそっちじゃなくて、こっちにしとけば良かったとか後悔するのが嫌だったり、そもそも考える時間が …

偉い人はどうして無責任なのか(前編)

理解できない人たち 最近、よくテレビや新聞を賑わせている報道で、疑惑をもたれたりしても記憶に無いだとか、知らない、やってない、関係ない等のないない尽くしで、ノラリクラリと逃げ回る要職にある人達を良くみ …

なんで勉強しなきゃならないのか~考えてみました②

ほんとに勉強が年収に繋がるのか 前回は、学生時代に勉強を熱心に励むことの経済合理性と、そうではなく経済さえ良ければそれでいいのかと言う人達への自分の理解と日本人の理解を書きました。 最後に投げかけたよ …

女性が土俵に上がってはいけない理由~調べてみました①

ただの批判で終わってしまわないように 先日、地方で行われた相撲巡業で挨拶をしていた市長が、突然土俵上で倒れられて会場にいた女性看護師が土俵に上がって手当てをした件で、相撲関係者側からの女性は土俵から降 …

なんで勉強しなきゃならないのか①

勉学に励むことの経済合理性 学生の時分に勉学に励む事に対して、懐疑的であったりする事が時間と労力の無駄であるのに気付き、文字通り学生の時分に勉強に励む必要性を誰にも言われずに理解している人は、将来経済 …